高級品

日本での外壁塗装は、長い間、漆が使用されていました。漆は紀元前から住宅の塗装に使用されており、幕末にペンキが輸入されるまでは、漆が主要な塗料としての約割を果たしていました。 明治時代になると、一部の洋式住宅の外壁塗装にペンキが使用されるようになりました。明治時代の末期には、固練りペイントを使って外壁塗装が行われるようになりました。 大正時代になると、現在は大企業になっているペイントメーカーが数多く誕生し、ペンキを使った外壁塗装が盛んに行われるようになりました。昭和時代になると、ウレタン塗料などの特殊塗料が開発され、高度な外壁塗装が行えるようになりました。平成時代になると、光触媒塗料が開発され、より美しい外壁塗装が可能になりました。

日本では政府主導で、長期優良住宅の推進を行っています。長期優良住宅とは、長い間住み続けることができる家のことです。長期優良住宅の建設には、優れた外壁塗装が欠かせません。今後も外壁塗装の技術向上は、ますます進むことが予測されます。 最近の外壁塗装では、光触媒塗料の使用が増えています。光触媒塗料は、塗装面をコーティングし、汚れが付きにくくなることが特徴です。光触媒塗料を使用して外壁を塗装すると、壁に汚れが付きにくくなり、住宅の美観と耐久性を高めることができます。 最近は光触媒塗料だけでなく遮熱塗料も、外壁や屋根の塗装工事に使用される例が増えています。遮熱塗料を使用することによって、室内に熱がこもりにくくなり、夏でも快適に暮らせます。光触媒塗料や遮熱塗料は、今後ますます使用されると予測されます。